【php7.2 対応】 複数バージョンの php がそろった vagrant 環境を作ってみる ver1

ども、株式会社オズビジョン卜部です。

前回は 海外エンジニアと使う頻出英単語・英文 50選 のタイトルで @terra_yucco さんより、とてもおもしろい記事を書いていただいていました。意外と知っている英単語で会話できるんだと気付かされますね。

今回は
【php7.2 対応】 複数バージョンの php がそろった vagrant 環境を作ってみる ver1
というテーマでやっていきたいと思います。

というのは社内では複数のプロジェクトが動いており、そこで扱っている php が複数バージョンあるので、1環境で事足りるようにしたいなという思いと、 (vagrant いっぱい立てるのは重たいですしね)
2017年11月30日に php7.2.0 がめでたくリリースされたので、折角なので、最新版の環境も立てたいなと思ってのテーマです。

今回は ver1 ですので、 ver2 .. とやっていきます。。。
というのは、今回だけでは完結できなかったんですけどね。。

イメージとしてはざっくり以下のようなイメージです

こんな感じのことがしたい

  • 1 つの Vagrant だけで開発できるようにしたい
  • 複数の php のバージョンが扱えるようにしたい
  • Amazon Linux のイメージを使いたい
  • Apache の VirtualDocumentRoot を使ってディレクトリを分けて環境が使えるようにしたい

立ててみる

ということで、実際に環境を構築したので、 Vagrant の設定と、chef の設定を github に公開しました。

※ ライセンスは MIT にしています。 pull request 歓迎です!

https://github.com/oh-my-oss/multi-php-ec2

Readme に書いているように前提条件が揃っている環境で試しましょう。

ということで早速 clone してセットアップしてみましょう。


    $ git clone https://github.com/oh-my-oss/multi-php-ec2.git
    $ cd multi-php-ec2
    $ vagrant up --provision

    $ git submodule init
    $ git submodule update

    $ vagrant ssh-config --host php-multi.local.com >> ~/.ssh/config
    $ cd chef-repo
    $ VG_HOST=php-multi.local.com
    $ chef exec knife zero bootstrap $VG_HOST --node-name $VG_HOST
    $ php add-fqdn.php nodes/php-multi.local.com.json
    $ chef exec knife node run_list add $VG_HOST 'role[php-web]'
    $ chef exec knife node environment set $VG_HOST vagrant
    $ chef exec knife zero converge "name:$VG_HOST"

セットアップしたところ php 5.6.32, 7.1.12, 7.2.0 がインストールできました。

ここから、 fpm の設定や、 apache の設定を行いたいところですが、それは次回 ver2 に更新に乞うご期待!

ということで次の更新は アドベントカレンダー 3日目!
@smirax さんより jenkins について投稿いただけるとのこと。

とにかく `jenkins 困った` というワードがチャットやら、バックログやらで出てきたときには @smirax さんから颯爽と現れ、
手厚いサポートを行い、何もなかったかのように問題が解決し、颯爽といつもの業務に戻っていくという姿を何度見かけたことか!

どんな記事がでてくるかとても楽しみですね。

3件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.