複数バージョンの mysql がそろった vagrant 環境を作ってみる

株式会社オズビジョン卜部です。

前回の記事 では、phpbrew を使った複数環境を構築しました。

前回は、php-fpm を使って、 Apache 経由で複数のバージョンが使い分けられる環境を用意しました。

今回は 複数の MySQL の環境を起動できる vagrant を用意しました。
前回の vagrant の環境構築と同様、今回も chef を使います。

【php7.2 対応】 複数バージョンの php がそろった vagrant 環境を作ってみる ver1 を実施した上で、手順の続きです。


$ cd /path/to/multi-php-ec2
$ git pull origin master
$ git submodule update
$ cd chef-repo
$ chef exec knife zero converge "name:php-multi.local.com"

vagrant ssh でログインすると
mysql 5.7 および mysql 5.6 にログインすることが確認できます。



// 5.7
$ /usr/local/lib64/mysql/5.7.20/bin/mysql -S /usr/local/lib64/mysql/5.7.20/tmp/mysql.sock

// 5.6
$ /usr/local/lib64/mysql/5.6.38/bin/mysql -S /usr/local/lib64/mysql/5.6.38/tmp/mysql.sock

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.